飯縄火まつりの見どころや打ち上げ数!例年の来場者数は?

花火大会
スポンサーリンク

山への感謝を示し、美しい花火を見ることができる「飯縄火まつり」をご存じですか?

今回は伝統ある行事を再現し、水と光で美しく幻想的な雰囲気を盛り上げる飯縄火まつりについてご紹介します。

花火の迫力だけでなく、アートのような世界観も一緒に楽しめる美しいお祭りです。

ぜひ幻想的な雰囲気を見に飯縄火まつりを訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

飯縄火まつりの見どころは?

※画像はイメージです。

飯縄火まつりは「大座法師池」という池の周辺で開催されるお祭りです。

大座法師池は長野市にあり、背後に飯縄山という山がある自然豊かなエリアです。

飯縄火まつりはこの飯縄山に対する感謝を込めて行われます。

飯縄山より「御神火」が運ばれ、この御神火を点灯する「山入り」という行事を再現するお祭りです。

悪疫退散や家内安全、無病息災、五穀豊穣などを祈り行われ、2024年で57回目を迎える伝統ある行事になっています。

お祭りの中でも神事にあたる行事はなんと朝6時から行われます。

高尾山修行者や協会役員のみが参加できるため、一般客は参加することはができませんが、御神火下ろしという行事で登山を開始します。

そして私たち一般客が参加できるのは例年14時から会場外周で行われるイベントからになります。

バンド演奏や子供神輿、松明行列などが行われ、17時半より大座法師池前に作られた水上ステージで様々なイベントがスタートします。

屋台も多数出店し、活気にあふれた夏祭りの雰囲気を楽しめます。

夕方になると子供神輿や松明行列が外周から到着し、柴燈護摩や奉納演奏などが行われます。

そして20時より花火の打ち上げが開始します。

花火は約50分打ち上げられ、様々な大きさの花火の打ち上げからスターマイン、仕掛け花火、ナイアガラ花火など華やかな花火がお祭りに華を添えます。

さらに花火と同時に水上ステージに光と水の演出が施され、水に映し出される幻想的な風景と音楽、そして花火を一緒に楽しむことができます。

花火の打ち上げと共にアーティストが生演奏を行い、迫力と華やかさだけでなく、神々しさをも感じられるのが飯縄火まつりの花火の特徴です。

開催日:2024年開催日未定 ※2023年は8月10日(木)に開催
開催時間:2024年開催時間未定 ※2023年の花火打ち上げ時間は20:00-20:50
開催場所:大座法師池
打ち上げ数:約1,000発
例年の来場者数:約15,000人
お問い合わせ:026-239-3185 飯綱高原観光協会
参考サイト:https://www.web-komachi.com/?p=123991

打ち上げ場所の地図(GoogleMap)

飯縄火まつりの最寄駅とアクセス方法!

※画像はイメージです。

次に飯縄火まつりの最寄り駅とアクセスをご紹介します。

最寄駅は長野駅です。

といっても長野駅から徒歩で会場にアクセスすることは不可能です。

公共交通機関を利用する場合、長野駅からバスを利用し、飯綱高原で降車してください。

所要時間は通常時で約45分です。

お祭り当日は通常便に加え、臨時便の運行が予定されています。

車を利用する場合は上越道信濃町ICから約30分で無料駐車場にアクセスできます。

ただし、無料駐車場から会場までも距離があります。

そのため、駐車場からはシャトルバスが走っています。

16時から20時まで会場行きのバスがあり、帰りは行き先によって時間が異なります。

料金は片道300円、小学生は半額になります。

なお、駐車場は全部で5カ所あり、そのうちシャトルバス送迎のある駐車場は3カ所になります。

駐車できる台数は全部で約1,000台です。

駐車場の開放時間は15時からになります。

なお、周辺道路の大々的な交通規制はありません。

ただし、打ち上げ場所周辺では多少の規制が敷かれている可能性があります。

駐車場は早くに満車になるので確実に利用したい場合は早めにアクセスすることをオススメします。

飯縄火まつりに有料席はある?

※画像はイメージです。

多くの人が訪れる飯縄火まつりですが、実は有料席の用意があります。

有料席は協賛席になっており、1口1万円で2名まで入場可能です。

観覧招待券付き協賛金は飯綱高原観光協会が受け付けており、例年7月下旬に締切日が設定されています。

また、近年は実施されていませんが、穴場スポットで花火を見学できるプランが販売された年もあります。

色々と趣向を凝らしたプランが発表されることがあるので、事前に公式HPやX(Twitter)をチェックするのがオススメです。

花火大会に関するよくある質問まとめ

花火大会はどのような服装で行けばよいですか?

花火大会に適した服装は、天候や開催場所により異なります。

一般的には、動きやすく快適な服装がおすすめです。

夏の野外イベントなので、軽い素材の服や帽子、サングラスを携えると良いでしょう。

また、虫よけ対策や日焼け止めも忘れずに。

花火大会での持ち物は何が必要ですか?

花火大会で必要な持ち物には、快適に過ごすためのアイテムがあります。

レジャーシートや折り畳み椅子、飲食物、ゴミ袋、懐中電灯やポータブルバッテリーなどが挙げられます。

また、混雑を避けるために公共交通機関を利用する場合は、帰宅時の混雑に備えて時間に余裕を持つことも大切です。

花火大会の場所取りはどのようにすればよいですか?

花火大会の場所取りは、早めに行動することが鍵です。

開始数時間前にはすでに多くの人が場所を確保し始めるため、理想的な場所を確保するには早めの到着が必要です。

ただし、場所取りにはマナーがあり、大きなスペースを取りすぎたり、長時間放置しないようにしましょう。

花火大会での飲食についての注意点はありますか?

花火大会では、持ち込んだ飲食物を楽しむことが一般的ですが、ゴミは必ず持ち帰りましょう。

また、アルコールを飲む場合は、公共の場でのマナーを守り、酔っ払って迷惑をかけないように注意が必要です。

水分補給を忘れずに、熱中症対策も重要です。

花火大会が雨天の場合、どうなりますか?

花火大会は天候に左右されるイベントです。雨天の場合、中止や延期になることがあります。

事前に主催者のウェブサイトやSNSで最新の情報をチェックし、雨具を準備しておくと良いでしょう。

中止や延期の場合でも、安全を最優先に考えることが大切です。

花火大会での撮影のコツは何ですか?

花火の撮影では、三脚を使用し、長時間露光設定で静止画を撮ることがポイントです。

スマートフォンを使用する場合は、専用のカメラアプリを使って撮影モードを調整しましょう。

また、花火の色や形を活かすために、背景や周囲の環境も意識してフレームを決めることが重要です。

花火大会の混雑を避ける方法はありますか?

花火大会の混雑を避けるには、早めに会場に到着して良い場所を確保することが有効です。

また、大会の終了時は特に混雑が予想されるため、少し早めに会場を後にするか、周辺で時間を潰してから帰ると良いでしょう。

公共交通機関の利用も混雑回避に役立ちます。

花火大会の安全対策について教えてください。

花火大会の安全対策としては、緊急時の避難経路を事前に確認しておくことが重要です。

また、子供や高齢者と一緒に行く場合は、迷子にならないように連絡先を記載した紙を持たせるなどの対策が有効です。

さらに、混雑地域では貴重品の管理にも注意しましょう。

花火大会の日程はどのように知ることができますか?

花火大会の日程は、主催者の公式ウェブサイトや地域の観光協会のウェブサイトで確認できます。

また、SNSや地域のニュースサイトでも情報が更新されることがあります。

事前に日程をチェックして、計画を立てることが大切です。

花火大会での飲食ブースの利用について教えてください。

花火大会では多くの飲食ブースが出店しており、地元のグルメや季節の食べ物を楽しむことができます。

ただし、人気のブースは長蛇の列ができることもあるため、早めに行くか、ピークタイムを避けて利用すると良いでしょう。

食べ歩きを楽しむ際は、ゴミのポイ捨てをしないように注意してください。

まとめ

長野県で開催される飯縄火祭りについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

長野県在住の方以外にはそこまで有名でないお祭りですが、アーティストの生演奏と幻想的な花火が一緒に味わえ、極上のショーのような雰囲気の花火を見ることができます。

また、柴燈護摩なども行われ、神々しい雰囲気も感じられるのが魅力です。

距離はありますが最寄駅が長野駅になるので、観光客も比較的アクセスしやすいのもポイントです。

長野駅周辺に宿泊し、長野観光を楽しみながら、夕方には飯縄火まつりに出かけるのも素敵な旅行プランになります。

ぜひ花火や演奏の美しさと山への感謝を感じられる飯縄火まつりに足を運んで、素敵な時間を過ごしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました