善光寺の御開帳の意味や由来は?7年に1度の理由や混雑状況!

善光寺
スポンサーリンク

善光寺で7年に1度行われる御開帳をご存じですか?

今回は御開帳の意味や混雑状況をご紹介します。

なんとなくお祭り気分で楽しむのももちろん良いのですが、できたらしっかりと意味を知っていたほうが、よりありがたさを感じることができますよね。

また、善光寺の御開帳は多くの人が訪れ大変な賑わいを見せます。

混雑状況を事前に知っておくとより安心して御開帳を楽しめるのでぜひチェックしておいてくださいね。

スポンサーリンク

善光寺の御開帳の意味や由来

画像:https://zenkozi.com/menu/exhibit.html

多くの人が訪れる善光寺の御開帳ですが、詳細について理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。

善光寺の御開帳は善光寺の御本尊である「善光寺式一光三尊阿弥陀如来」のありがたい御利益を授かることができる盛儀です。

盛儀とは立派な儀式のことを意味します。

善光寺の善光寺式一光三尊阿弥陀如来像は絶対秘仏という目にしてはいけない存在です。

その姿は善光寺の住職ですら拝んだことがないほどです。

そのため、御開帳時には国宝にも指定されている「前立本尊」の姿がお披露目されます。

前立本尊のお姿を参拝することで御利益を得ることができるとされています。

御開帳の際、卒塔婆である回向柱が立てられます。

約10mの回向柱は「善の綱」によって前立本尊の御手と結ばれており、この回向柱に触れると前立本尊に触ったことになり、御利益を賜れるとされています。

なぜ7年に一度しかないの?

善光寺の御開帳は7年に一度しか行われません。

この7年という数字は厳密に理由があって7年とされたわけではありません。

実はこれ、自然と7年に一度になっただけなのです。

過去には7年という決まりはなく不定期に行われていたという記録も残っています。

明確な理由がないのは少し意外ですよね。

ちなみにこの7年に1度の7年とは数え年での7年です。

つまり、開催された年を1年目と数えるので少し数え方に自信のない方は善光寺の公式HPで確認することをオススメします。

信州善光寺公式ホームページ:https://www.zenkoji.jp/

限定の御朱印がある?

近年すっかり御朱印ブームになっていますが、もちろん善光寺にも御朱印があります。

通常の御朱印は直接御朱印帳に書いてもらえる「本堂」の御朱印に加え、紙札の御朱印を「山門」「経蔵」「本堂内御朱印所」「忠霊殿」「雲上殿」で手に入れることができます。

そのほか、季節限定の御朱印も存在します。

また、大本願や大勧進、釈迦堂、さらには周辺にある宿坊にも御朱印があります。

そして、レア度が最も高いのが御開帳時限定の御朱印です。

御開帳の御朱印は本堂で申し込みをします。

ただし、相当な混雑になるので覚悟してください。

また、御朱印は一枚ずつ墨を入れていただくのですぐにはもらえません。

平成27年の御開帳時の御朱印は1時間から3時間待ちが平均だったようです。

そのため、参拝の前に御朱印の申し込みをしておくほうが安心です。

また、状況によっては番号札をもらい、書き上がる時間を指定されるのでその時間に取りに行くという臨機応変に対応していただける場合もあるそうです。

少しでも早くに手にしたいという方は自分の御朱印帳に記入していただくのではない書き置きタイプの「しあわせ朱印セット」もあるのでオススメです。

善光寺御開帳の混雑状況

画像:https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000003100

回向柱に触れるにも御朱印をもらうにも大混雑になる善光寺の御開帳。

実際に訪れた人たちからも混雑がわかる口コミが寄せられているのでご紹介します。

やはり御開帳の時は通常とかなり雰囲気が異なるようです。

地元の人などは混雑が落ち着く夜間に参拝している方もいらっしゃるそうですが、遠方から参拝に訪れる方は少し難しいですね。

落ち着いて御開帳を楽しみたいという方は、ぜひ宿泊して日中と夜の雰囲気を両方楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

善光寺にはどんなご利益がある?

画像:https://tabicoffret.com/article/74893/index.html

善光寺を参拝した際の御利益ですが、これが叶います!と言い切るのは難しいです。

というのも「長寿」や「恋愛」のみを叶えてくれるというわけではなく、所願成就、そして極楽往生を叶えてくれる御利益があるからです。

願いを叶えることができ、死後は極楽に行くことができるという夢のような御利益を授けてくれる善光寺。

無宗派なので宗教に関係なく参拝することができるのも魅力の一つです。

御利益が多く、宗派に関係なくどんな人でも受け入れてくれるとなれば多くの人が訪れる理由もよくわかりますね。

まとめ

善光寺の御開帳についてご説明しましたがお役に立ちましたでしょうか。

令和初となる次回の御開帳は1年延期が決定し、2022年(令和4年)4月3日(日)から5月29日(日)の間に行われます。

1年延期されたこともあり、より多くの人の参拝が予想されます。

ちょっとだけ覚悟を決めて、ありがたい御利益を賜りに行ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました