長野県にある温泉が近くて大人気のキャンプ場6選を紹介!

キャンプ場
スポンサーリンク

大自然を満喫できるキャンプはとても素敵ですが、ゆっくりとリラックスするために温泉に入りたくなりますよね。

そんな方にオススメな長野県にあり、温泉も楽しめるキャンプ場情報をご紹介します。

夏はキャンプでかいた汗をすっきりとさせ、冬は冷えた体をゆっくりと温めてくれる温泉。

日本ならではの温泉文化をキャンプと一緒に楽しめるのはとても魅力ですよね。

今回はそんな素敵な体験ができるキャンプ場をご紹介しますのでぜひお出かけの候補にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

長野県で温泉にも行けるオススメキャンプ場6選!

では長野県で温泉も楽しめるオススメのキャンプ場をご紹介します。

長野県には温泉が併設されているキャンプ場から周辺に温泉があるキャンプ場まで様々なタイプがあります。

しっかりとキャンプも楽しめ、質の高い温泉にも入れるキャンプ場を選びましたのでぜひチェックしてくださいね。

四徳温泉キャンプ場

「生きる力をとりもどす時間」をコンセプトとするキャンプ場です。

キャンプ場に温泉があり、450年前から愛されてきた美肌の湯を堪能できます。

また、2020年からサウナも楽しめるようになっています。

営業期間:3月中旬~12月上旬
住所:長野県上伊那郡中川村四徳547
お問い合わせ:0265-88-3929
料金:コテージ 15,000円~
キャビン 6,200円~
オートサイト 4,700~8,500円
焚火サイト 4,700円
フリーサイト 3,600円~
ソロキャンプ 1,800円 ※平日限定プラン
駐車場:有 20台
公式ホームページ:http://shitoku.net/
天気予報:https://tenki.jp/forecast/3/23/4830/20386/

いい口コミ

こちらにお邪魔したのは
令和4年6月頭です。
夜はかなり冷え込み 上着がいる程でした。
林間サイトのオートサイト
木々の緑が目に飛び込んできました。
関西圏のキャンプとは比べ物にはなりませんでしたね🤣
トイレはまぁ至って普通
炊飯棟には自然に優しい洗剤がおかれ
お湯が出ました。
有り難かったです。
平日だった事もあり
とてと静かに過ごす事が出来満足でした。
少し残念だったのが、
予約の際に確認したと思うのですが、
管理棟内に有るお風呂が使えなかった事が残念

松原湖高原オートキャンプ場

貸別荘とコテージ以外は当日受付のみ可能なキャンプ場です。

通年利用でき高原や雪原の美しさをたっぷり味わえます。

キャンプ場から徒歩でアクセスできる場所に「八峰の湯」があり、露天風呂や厳選かけ流しのお風呂などでゆったりとした時間を過ごせます。

営業期間:コテージのみ通年 ※テント、バンガローは4月下旬~11月上旬 ※気候によって変動あり
住所:長野県南佐久郡小海町大字豊里5918-2
お問い合わせ:0267-93-2539
料金:オートキャンプ 2,000円~
バンガロー 6,000円
コテージ 20,000円~
貸別荘 15,000円~
駐車場:有
公式ホームページ:http://www.matsubarako-kogen.jp/
天気予報:https://tenki.jp/forecast/3/23/4820/20303/

いい口コミ

初めてのバイク🏍ソロキャンプで、遅い夏休みを取って初めて訪問しましたが、とても広々していて、また、綺麗に整備されていて、快適に利用されていただきました。
徒歩で🚶‍♀️10分ほどの日帰り温泉♨️施設「八峰(ヤッホー)の湯」の割引券も貰えて利用しましたが、こちらも素晴らしい温泉で、長湯してしまいました。
松原湖もらい近く最高のロケーションで、バイクソロキャンプなら1泊僅か1,000円で利用できます。
また、トイレも🚽とても清掃が行き届いていて、スタッフさんのおもてなしが、素敵です。
ファミリーキャンプにもいいのでは。
お勧めのオートキャンプ場です♪

銀河もみじキャンプ場

日本一の星空を見ることができる阿智村にあります。

車で約20分の場所に昼神温泉が、15分の場所に「平谷村ひまわりの湯」があります。

温泉でリラックスし、キャンプで美しい星空を見るという贅沢な体験ができます。

営業期間:4月中旬~11月末 ※冬季営業 12月初旬~3月下旬
住所:長野県下伊那郡阿智村浪合1711-1
お問い合わせ:0265-48-6058
料金:バンガロー 5,500円~
テント 2,500円~7,000円 ※エリアにより金額が異なる
常設テント 10,000円
常設グランピング 12,000円
※冬季営業 サブスク登録 20,000円/人、一般予約 テントサイト グループ5,000円/泊、ソロ2,000円/泊、バンガロー 7,000円/泊
駐車場:有
公式ホームページ:https://gingamomiji.org/wp/
天気予報:https://tenki.jp/forecast/3/23/4830/20407/

いい口コミ

5/17日ソロキャンプで利用させていただきました。
あいにく曇りで満天の星空とはいきませんでしたが、静かでとてもリラックスできました。
ソロキャンプサイト予約で利用料3000円。
トイレ・炊事場もとてもキレイで管理が行き届いています。
標高1200mなので街中とは気温が7~8°cほど違います。
夏は避暑に最高。
春・秋は夜寒くなるため防寒対策必要かと。
近くにスーパーなどはないため、事前に買い出しは必要。
今度は晴れの日に利用したいと思います。
管理棟の前にいたワンコのジンタ、めっちゃ可愛い!

雨飾高原キャンプ場

妙高戸隠連山国立公園内にあるキャンプ場です。

日本百名山の一つに数えられる「雨飾山」が目前に広がり、美しい星空を楽しみながら大自然の中でキャンプが楽しめます。

キャンプ場から車で約30分の場所に「サンテインおたり」という温泉宿があり、天然温泉と共に美味しい手打ちそばをいただくことができます。

営業期間:6月中旬~10月末頃
住所:長野県北安曇郡小谷村中土18926-1
お問い合わせ:0261-85-1045
料金:キャンプサイト利用料 2,500~4,500円(車1台分込み)
施設利用料(宿泊) 中学生以上1,000円、小学生500円、小学生未満 無料
駐車場:有 60台
公式ホームページ:https://www.amakazari.com/
天気予報:https://tenki.jp/forecast/3/23/4810/20486/

いい口コミ

2泊で念願の雨飾高原キャンプ場にきました!
スタッフさんたちはとても親切で親しみやすい方たちばかりでした。
2日目に川遊びとガーランド作りを楽しみました。
川までの道はスタッフさんたちで草刈をされたみたいで、冒険感覚で草のトンネルをいくとそこにはとても綺麗な川が出てきました。
水は冷たく子供たちと楽しく水遊びできました。
ガーランド作りでも親切にスタッフさんから教えてもらってオシャレなガーランドが出来ました
また、秋に行きたいです

斑尾高原キャンピングパーク

広大な敷地の中でキャンプや温泉のほか、トランポリンやジップラインアドベンチャーなどのアクティビティを楽しめるキャンプ場です。

雨の日でも屋内遊具施設「まだっちゃ」があり、体を動かすことができます。

管理棟の近くの「斑尾高原ホテル」「モンエール斑尾」「まだらおの湯」の3か所に温泉があり、疲れを癒すことができます。

営業期間:4月下旬~11月上旬
住所:長野県飯山市斑尾高原
お問い合わせ:0269-64-3355
料金:センターデッキサイト・サウスデッキサイト 4,200~5,800円
パワーデッキサイト 5,800~7,800円
サウスフリーサイト・チロルフリーサイト 3,200~4,800円
チロルパワーデッキサイト 6,800~8,800円
グルキャンフリーサイト 3,500~5,000円
ドッグサイト 7,800~10,500円
RVパークライト 2,000~3,000円
駐車場:有 500台
公式ホームページ:http://www.madarao.jp/camp
天気予報:https://tenki.jp/forecast/3/23/4810/20213/

いい口コミ

チロルフリーサイトに家族で連泊しましたが、過去最高のキャンプ場でした。
その理由
①ロケーション最高…緑の芝生が広々と広がっていて青い空と山のコントラストが最高です。(星空もすごい)
②設備が整いすぎている…元々はスキー場のレストラン⁉︎だったと思われる建物の中に、トイレや女性用の化粧室、洗濯機や乾燥機がある。さらにその建物の横にはお湯の出る炊事場や自動販売機があり、屋根の下にはちょっとした休憩スペースもある。しかもフリーWi-Fiと携帯充電用の電源まで…。
③スタッフさんの対応最高…私たち家族は4連泊したこともあるのかスタッフの皆さんととても仲良くさせていただきました!毎朝ゴミの回収に来てくれたり自宅で取れた野菜をくれたり…。さらには私たちの車のバッテリーがあがってしまうトラブルの際には、スタッフ総出で助けてくださり本当に気持ちよかったです!
④アクティビティ多すぎ…ファミリーで行くには4泊でも足りないくらいアクティビティが充実していました。特にジップラインは絶対に遊んでみてください。おかげで小学生の子供の夢がアウトドアインストラクターになりました笑
マイナスポイント
①なし
②なし
③なし
マイナスポイントってあるんだろうか…あるとしたらチロルフリーサイトは傾斜があるので要注意。
でもスキー場の中にあるんだから、傾斜はあるでしょ!って言うかグランピングじゃないんだから、不便なところも含めてキャンプだと思います。

いなかの風キャンプ場

中央道松川I.Cや駒ヶ根I.Cから車で約20分と非常にアクセスの良いキャンプ場です。

野菜やお米を作る自然体験を味わえ、自然の美しさや恵み、厳しさも感じることができます。

周辺に「みはらしの湯」という温泉があり、日帰り温泉として利用できます。

営業期間:4月上旬~11月下旬
住所:長野県上伊那郡飯島町日曽利43-3
お問い合わせ:0265-86-6655
料金:オートサイト 4,000~9,000円
キャビン 11,500~15,500円
ペットサイト 8,000~11,000円
テントサイト 4,000~5,000円
フリーサイト 3,500~4,500円
※この他日帰り料金あり
駐車場:有
公式ホームページ:https://inakanokaze.com/
天気予報:https://tenki.jp/forecast/3/23/4830/20384/

いい口コミ

4月の平日に利用しました。
7組ほどいましたがサイトが広々なので気になる事はなかったです。
棚田をキャンプサイトにしてるので景色の妨げになることはありませんが下のサイトは街の夜景が見えなくなります。
設営地はまっ平らでペグも簡単に刺せます(足で笑)
空はどのサイトもとても広く見えます。
炊事場はお湯出ます。受付棟のトイレしか使ってませんがキレイでウォシュレット付きでした。
ゴミも分別して捨てれるのはありがたいです。
お風呂は入ってませんが露天がありました。(平日はやってない?)
斜面にあるキャンプ場なので移動は疲れますが景色はサイコー。癒されます

まとめ

長野県の温泉にもアクセスできるキャンプ場情報はいかがでしたか?

温泉に行ってからキャンプを楽しむのも良し、キャンプを堪能してから温泉に行くのも良し!

時間に縛られずに自分の思うままに楽しめるのもキャンプの魅力です。

ぜひ自然と温泉の魅力を堪能してくださいね。

他にオススメしたい長野県のキャンプ場まとめ!

長野県にはここで紹介しきれないほどたくさんのキャンプ場が存在しています。

自然豊かでキャンプを満喫することができる場所が多いので、ここでは目的ごとに長野県のキャンプ場をまとめてみました。

気になるところをぜひチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました